Musician Search Supporter ログインはコチラから
Staff Blog Q&A
Staff Coments
<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
メタモルフォーゼ
こんにちは、Staff Uです。

先週末は伊豆で行われたメタモルフォーゼに行ってきました。ご存知でない方が多いかと思いますが、テクノのアーティストを中心としたダンス・ミュージックのイヴェントです。ただし、所謂レイヴとは違うのは、メイン・ステージではDJではなくライヴが行われる点です。

今年の目玉はなんと言ってもアシュ・ラ・テンペルのマニュエル・ゲッチングのライヴでした。といっても自分は、肝心のライヴの時間には車でダウンして、彼方にそのギターの音色を聴くというだらしない結果に終わりました。久々の野外のパーティーだったので最初から飛ばして踊りすぎて、仕事は夜中の3時ごろに終わったのですが、その後は出歩く気力もなくなってしまいました。年には勝てませんでした。

一番小さいステージではタグチのスピーカーを使っていたのですが、その音の良さに改めて脱帽しました。

これで、ひとまず今年の夏のフェス巡りは終わりました。毎週毎週、フェスに行っていたので、あっと言う間に8月も終わりですね。

今週末は、今年の夏の〆にWIREに行ってきます。完全に仕事ではないのでガッツリ楽しもうと思っています。
[PR]
by webmusic | 2006-08-30 18:57 | Staff U
ディレクターの好きなギタリストの音源。
こんにちは。スタッフYです。
最近、ディレクターのほうにギタリストの音源を直接聞かせに行く営業が増えています。その際にディレクターさんの感想をダイレクトにもらう場合があります。その際に反応がよいものとしては、たいていは歌中のバッキングギターを音源に載せているケースです。やはり、バックミュージシャンとしての仕事柄、いかにうまくソロが弾けるかよりも、いかにプロデュースしたい歌い手さんが気持ちよく歌えるかが最終的な仕事に結びついていると思います。
「歌を殺さず、自分も殺さずというのがいいギタリストだ」と以前お会いしたディレクターがおっしゃっていました。この仕事を始めて半年ちかく。いろいろな現場にお邪魔しつつ、ようやく意味がわかりつつあります。
[PR]
by webmusic | 2006-08-24 13:53 | Staff Y
札幌
こんにちは、Staff Uです。

先週末はRISING SUN ROCK FESTIVALに行ってまいりました。土曜の昼頃会場入りしたのですが、心配していた天気もどうにか持ちこたえて、いつものようにカラっとはしていませんでしたが、それほど暑くも無く過ごし易かったです。

今回もまたとある何組かのアーティストの手伝いで行ったのですが、結局朝までノンストップで仕事でした。確かにハードではあったのですが、フェスならではのセッションや、ライブを堪能でき、またしてもしばし仕事を忘れて楽しんでしまう瞬間が何度もありました。

ただ、どのステージも苦情対策の為か音量規制があったらしく、ロック・フェスとは思えないような小さな音でちょっと物足りなさを感じました。

確かに近隣の住人から苦情がくればフェスの存続自体に関わる問題ではあるので、規制すると言う事も理解はできるのですが、それって果たしてロックなの?と思わずにいられない子供な自分であります。

そんな中、一番ロックでパンクな音を出していたステージはオールナイトでテクノを流すステージでした。全ステージの中で間違いなく一番不良な音(一番でかい音)を出していて、ちょっと感動しました(笑
[PR]
by webmusic | 2006-08-22 18:01 | Staff U
象!
こんにちは、スタッフSです。
みなさんは、先週あたりは、お盆のお休みだったでしょうか。
意外と、音楽業界はそのような暦とは、まったく無縁の世界でして、私は普通に働いておりました。
お休みだった方々は、逆に今日からまた復帰するのが一苦労ではないでしょうか?
がんばって下さいませ。

先週末に、都内ライブハウスにて音楽雑誌(フリーペーパーJIVE)が主催いたしますイベントがありまして、行ってきました。

数アーティストが出演し、この日は女性ボーカルが多かったような気がいたします。

その中のひとつで、スタッフのお薦めのユニット「ELEPHANT GIRL」のライブをチェックしてきました。女性ボーカルと男性コンポーザー・ベースのユニットです。で、サポートのギターとドラムと鍵盤が参加したスタイルでありました。私的には、サポートの方々の演奏力とパフォーマンスに目がいってしまうのですが・・・
凄くボーカルの女性がキュートなのに、迫力のあるボーカル・スタイルで、そのギャップにやられてしまいました。楽曲もシンプルでキャッチーな印象で、サビの歌詞なんかが、いい具合にはまります。オススメです。

私としましても、いいアーティストとは、いろんな形で携わっていければいいなと思いまして、当メンバーの方々にも、よい橋渡しが出来るよういろいろなところに出没しております。
[PR]
by webmusic | 2006-08-21 16:10
現場に行ってまいりました
ご無沙汰です。スタッフYです。

先日、とある作曲家のご依頼で仮歌の出来る女性を探してくれというものがありまして、オーディションに行ってまいりました。声のイメージが合う女性を連盟のほうの音源より7名を選んでいただいて実際スタジオにて、曲に合わせて歌ってもらいました。技術的に見合ったと判断された方がとりあえず2名残りました。僕の聞いた感じであれば全員問題無だったのですが、僕にはわからない次元の何かがあるみたいでした。プロの現場は厳しいですね。結局2人を曲によって使い分けたいとの事で明日から仕事という形になりました。現場にまた呼んでくれるとの事なので、そのときにまたご報告したいと思います。
[PR]
by webmusic | 2006-08-17 18:08 | Staff Y
サマソニ&モンスター
こんにちは。スタッフSでございます。

昨日のスタッフブログでも、スタッフUのレポートがあったのですが、いやいや。。。サマソニ大盛況で終了したみたいですね。。。

参戦された方は沢山いらっしゃるかと思いますが、SMAとしても当日配布されました、サマソニ・マガジン・ゼロシックスの中に1ページ記事を出させていただいておりまして。。。

その甲斐あってか、インフォメーションの数が、急増いたしました。感謝感謝です。

とにかく、音楽はミュージシャンあってのものですので、巨大な夏フェスに出演したミュージシャンの数ですら、1日50組としてもステージにあがったミュージシャンの総数は200名は超えると思います。それが、2日間ですから500名ほどのミュージシャンが祭典を繰り広げるわけです。

それが、成功すれば最高ですよね。

音楽って凄い。ミュージシャンって凄いって実感させられた感じです。

で、追加のお知らせです。

この8月26日と27日の2日間で行われる、MONSTER baSH 2006(四国・香川県国営讃岐まんのう公園内芝生広場)にて開催される夏フェスにて、配布されるマガジン。JIVE MONSTER baSH 特別編集号にても、1ページ記事を出させていただきます。(出演:エルレガーデン・ペズ・テンフィート・ストレイテナー・マキシマムザホルモン・シャカラビ・吉井和哉・クレバ・木村カエラ・ビークル・HY・湘南乃風・ソウルドアウト・バックホーンなどなど。。。)


サマソニ・マガジンでチェックできなかった方、是非、要チェックです!!!

「あなたにとって、ミュージシャンとは?」

ここから、スタートしてもらえることを期待いたします。
[PR]
by webmusic | 2006-08-16 15:21 | Staff S
SUMMER SONIC 06
こんにちは、Staff Uです。

先週末は幕張のSUMMER SONICに行ってまいりました。両日とも物凄い人の入りで盛り上がっていましたが、メッセ内での仕事がメインだったので、マリンスタジアムには結局行けずじまいでした。なので、楽しみにしていたメタリカもモニターで確認するという、非常に寂しい感じでしたが、モニターからでも現場の盛り上がりが伝わってきて鳥肌立ちました。

今回の一番の収穫はなんと言ってもTHE FLAMING LIPSでした!久々にライブで泣いてしまいました。途中別の場所に移動しなければならず、中盤までとアンコールしか見れなかったのですが、それでも最高の時間を体験する事ができて本当に幸せでした。おもちゃ箱をひっくり返したかのようなステージは是非是非体験してもらいたいです。笑顔にならずにはいられませんでした。

今のところ、今年のベストライブです!
[PR]
by webmusic | 2006-08-15 16:21 | Staff U
ひたちなか
こんにちは、Staff Uです。

先週末、初めてROCK IN JAPANに行ってまいりました。下は芝生だし、海風も気持ちよく割と快適に過ごせました。

とあるアーティストにベタで付いていたので、他のアーティスト(普段は絶対に縁の無いようなビッグネームとか)のライブはほとんど見れなかったのがちょっと残念でした。

主催者によってフェスの方向性というのは千差万別ですが、このフェスの印象は良くも悪くも「管理」と言う言葉が浮かんできました。まあ、ロックとい言葉の対極ですが。

帰りは地元で取れ立ての魚を食べて最高でした!
[PR]
by webmusic | 2006-08-08 13:47 | Staff U
苗場
こんにちは、Staff Uです。

もう、一週間前になりますがいくつか仕事があったのでFUJIROCKに行ってまいりました。昼間は何かとバタバタしていたのですが、夜は久々に会う業界関係者や、初めて会う関係者と情報交換(と言いながら、ただ遊んでるだけとも言えますが)ができて、非常に有意義でした。

苗場になってからほとんど行っているのですが、フェス自体が毎年毎年着実にレベルアップしていて本当に驚かされます。

やはり、こういった大型のフェスは一朝一夕ではできないと言う事を改めて感じました。某老舗イベンターのフェスの惨状に比べると、主催者、スタッフサイドの努力も相当なものですが、参加している人たちの意識の高さを相当感じました。

明日は、ROCK IN JAPANに行ってきます。こちらは今までなぜか行く機会が無く今回が初めてなのでちょっと楽しみです。
[PR]
by webmusic | 2006-08-05 15:08 | Staff U
とにかく凄かったですよ。。。
こんばんは。。。スタッフSです。

今日は、すごく夏日よりでした。大変あつうございましたね。

昨日、都内ライブハウスにて、8月にメジャーデビューをする、とあるバンドのコンベンション・ライブにおじゃましてまいりました。いわゆる、お披露目ですね。
人・ひと・ヒト・・・
超満員でした。お客さん(厳選されたファンの方々)が約500人ほど、あとは音楽業界関係者、媒体(雑誌・FM局など)、ディーラー(外資系レコード・ショップのバイヤーさんなど)、全国からご招待です。レコード会社の気合の入れ方が違いますね。

とにかく凄かったですよ。

なにかと、エッジのきいたロックバンドが少ない気がしますが、このバンドはいいですよ。

バースディ~

キッズの方々は参考にしてみて下さい。
[PR]
by webmusic | 2006-08-04 21:11 | Staff S
 

SMAのスタッフの書く毎日の記録です
by webmusic
| SMA of JAPANとは? | サイトマップ | ご利用について | お問い合わせ |