Musician Search Supporter ログインはコチラから
Staff Blog Q&A
Staff Coments
<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
メリークリスマス!
世の中はクリスマス一色ですね!STAFF Gです。

どこもかしこもカップルだらけ、いいのか悪いのか、そんな風潮に自分も流されているんですが・・・       すみません

欧米ではクリスマスと言えば必ず家族と過ごすらしいですね。家族の絆が疎遠になりがちの日本社会。見習いたいものです。


そうそう、こないだの忘年会での一コマなんですが、大手レーベルV○P RECORDのディレクター T氏と熱い話をして良いお言葉いただいたので書いてみたいと思います。


~~~ お互い程よくお酒も入りほろ酔い状態・・・ ~~~


STAFF G

・・・で、どうなんですか?最近の業界自体の売り上げは?ヒック、。@;・・#・・・。

T氏

悪いですよっっっ!もう大変。でもね会社自体もわかってるんですけど、売り上げがね、ふ~~~、今まではね、ふ~~~っ。(話が終わる)

STAFF G

勝手に終わらないでくださいよっ!ヒック¥、@。・;%”#・・・。



要訳するとこうだ。


日本の音楽シーンは不況、不況と言われているが、実際不況ではなく、少し前は、今の現状のようにお金の流れが細分化されていなかったので、一箇所(レコード会社)に集中してお金が入っていたようだ。

そういえば、今のiTunesのような曲のバラ売りもなかったし、レコード会社も少し前はインディーズレーベルが今の現状ほど、乱立していなかったし・・・。

昔は、音楽と言えば、大手レコード会社から出るレコードを聴くしかなかった。でも今では、大手以外にも海外アーティストインディーズレーベル等、聞く側の選択肢がふえて、大手レコード会社からすると年々、売り上が落ちているというのが現状だそうだ。


こうも言っていた。


CDを買ったり、ラジオを聴いたりと、こんなに多くの人が音楽に興味を持つ国も少ないと。ある意味、すごく裕福であるし、贅沢だと。



う~ん、確かに。

売り上げなんかを言われると、商売だからわかる気もするが、贅沢ついでに言わせてもらうと、音楽をもっと身近に感じられるような・・・

これだけの需要がある国なので、供給する側も、もっと、もっとたくさんの種類、ジャンル、があっても良いのではないか?


あるにはあるのだが、一部の音楽だけしかクローズアップされすぎてはいないか!?
聞く側がもう少し掘り下げても良いのではないか?掘り下げたくても何を聞いたらわからない。
など、など・・・。


売る為にはこういう形(例えばバンド)が一番良い!と指定されたりとか、音楽をプレイするのにもたくさんのお金がかかる!とか、ライブを見るのにも、お金がかかりすぎる!、ミュージシャンに市民権がない!サラリーマン以外の人種に冷たい!とか、etc.etc...


すいません。興奮しすぎました。


言い出したらキリがなくなるのでこの辺にしますが、もっと、身近で、手軽に、大人も子供も音楽にふれられるような国にしたいです!


そう、これが言いたかったんです!!


ある国では、5時になったら、さっさと、仕事を終えて老若男女、年齢問わず、一杯引っかけにジャズバーや、ライブハウスに行くそうだ。


そう考えると我が、日本は、音楽に触れることがすごく遠くに感じてしまう。



そんな事もすごく考えてしまった一日でした。



あくまでも私、個人の意見なのでなんとも言えませんが、いちミュージシャンとして音楽が近くに感じられるようになっていけばいいなぁ、と切に、切に願ってやみません!!


なんかバカまじめで申し訳ないです。次は私らしくイキますね! ご清聴ありがとうでした。STAFF Gでした!
[PR]
by webmusic | 2005-12-25 16:13
酔っ払いの季節です。
今年も気がつけば師走です。ライブです、打ち上げです、忘年会です・・・。

もう目の回る忙しさというのはこういう事を言うのだろうと思います。ライブは、ほぼ毎日どこかで繰り広げられているし、決算だー、締め切りだー、ぶ~~~ってな感じです。

お付き合いが大切なのは当然。この業界つながりが第一ですからね!でもカラダが資本なので、皆さんもほどほどにして、カラダをいたわって下さい!

っと、自分に言い聞かせている次第でございます。

愚痴っぽくなってしまいましたが、今年もあとわずか!みなさんもなんとか今年を乗り切ってくださいね!            

STAFF Gでした~。。。
[PR]
by webmusic | 2005-12-19 11:14
寒いです・・・
寒いですね~、とうとう今日は雪も降りましたし・・・。STAFF Gです。

今日は、とあるオーディション会場に行ってまいりました。というのも当連盟会員が出演ということもありましたが、微力ながら連盟も広告関係で協力させていただきましたし。

旗頭が日本のロックオブロック、C○arさん。某大手モバイル会社が仕切りのオーディションで1次、2次、3次審査まであったりと、かなりのクォリティーの大規模なオーディションでした。

出演バンド達の、熱い演奏を見てミュージシャンである自分もかなりインスパイアされて刺激になりました!!印象深かった事は、かならず優勝!?(優勝って言わないか)するんだ!という気持ちや、上を目指す気持ち、志しの強さをすっごく感じました。バンドマンってこうじゃなきゃ!
って。

音楽はパッション!が座右の銘の自分は「よし、俺も!!」と鼻息荒く次の仕事に行くのでした。
[PR]
by webmusic | 2005-12-13 17:24 | Staff G
はじめまして!
はじめましてです!今日から我が、スタジオミュージシャン連盟のスタッフブログなるものを始めてみたいと思います!  うふっ(笑)    失礼・・・。

このスタジオミュージシャン連盟(以下 SMA)という団体の実体を、簡単に説明しますと、この音楽業界で、ミュージシャンになりたい!人と、音楽を商売にしてる人や会社の橋渡しをシステム化して、広く、多くのミュージシャン達に活用していただこう!というものなのです。かくいう自分も現役バリバリのミュージシャンですから・・・。

なんでっ!!こういうことをしようと思ったのか、というとプロでやっているミュージシャンの方々ならお分かりいただけると思いますが、やはりミュージシャンという商売は音楽やっているだけでは、食べていけないですよね。一つの仕事を取ろうと思ったら、自分の今までの実績や、プレイ、は当然ですが、自分を世間にアピールする手段を用いて、それを利用し、仕事を得るという形になるわけですが、それが一般的に言うところのバンドであったり、所属している事務所人脈だったりする訳ですよね。

それを持たないミュージシャンは完全に仕事を得る経路を断たれている状態にあるはずです。人生は競争ですから当然といえば当然なんですが、あまりにもそんな人達が多く、大好きな音楽をあきらめていってしまう人や、ホントの意味で音楽を追及しなくてはいけないはずのミュージシャンが、先ほどの仕事を得る経路の獲得にばかり走ってしまう状況、上手くて才能あるミュージシャンが仕事を獲得できない状況、等を目の当たりに見ているのでなんとかならないかなぁ・・・・。そうだ!そういったミュージシャンツールを創ってしまえばいいんだっ!というのがこのSMAをつくったきっかけです。

自分も含め、このような思いを抱いている音楽業界のスペシャリストで構成されている我がSMA。皆さんと一緒に、自分等の居場所であるこの音楽業界をよくしていきましょう・・・

なんていうと聞こえはいいですが、ようするに自分等SMAのスタッフが毎日、どんな感じで動いて、営業をして、というような事をこのブログでお知らせしていければなぁ、な~んて思っております。

皆さん、ご指導ご鞭撻のほどをよろし;#・@;p×:・・・・・。   失礼・・・。

STAFF G でしたぁ!
[PR]
by webmusic | 2005-12-12 20:30 | Staff G
 

SMAのスタッフの書く毎日の記録です
by webmusic
| SMA of JAPANとは? | サイトマップ | ご利用について | お問い合わせ |